NEWS
  • TOP
  • NEWS
  • サトウキビから出来たスーツ!?その名も「シマデニム」

サトウキビから出来たスーツ!?その名も「シマデニム」

最近では環境に優しいエシカルな洋服が増えて来ましたね。

弊社では沖縄のサトウキビを再利用したエシカルなデニム生地を作り、オーダースーツを仕立てております。

その名も「シマデニムスーツ」

 

シマデニムの魅力についてご説明致します。

 

沖縄のサトウキビが主な原料

サトウキビは世界で最も生産されている植物ですが、絞られた後はほとんどがゴミになり再利用出来ないかと様々な企業様がリサイクル先を開拓しているのではないでしょうか。

どの様に作られているかというと、サトウキビの搾りかすを特別な機械で粉砕して紙を作り、それを細くカットして糸を作り、その糸を織って生地にします。

 

経年変化がある

デニムと言えば色落ちですよね。デニムを育てたくて育てたくて仕方ない人もいるんじゃあないでしょうか。

通常では水を大量に使い、インディゴ染めをして環境に良いとは言えないのですが、シマデニムの生地に関しては特殊な環境に優しい染料を開発して使用しております。もちろん経年変化も出ますので育て甲斐があります。

 

サーキュラーエコノミー

アパレル業界では大量生産大量廃棄が問題となっております。

弊社ではその問題を解決するためにサトウキビ事業をしております。

生産から廃棄まで一環して問題を解決できる流れを作っております。

沖縄のサトウキビ事業を盛り上げ、大量に出る搾りかすを再利用し、最終的には炭化をして畑に返すことが可能です。

環境に優しいもの作りを大事にしていきたいと考えております。

 

生地のバリエーションですが、

・インディゴ

・生成り

・チノ

・インディゴ ウール混(ネイビー)

・インディゴ ウール混(グレー)

こちらの5種類のご用意がございます。